スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メサイア初重賞V!一気強襲/ローズS

 nikkansports.comより

 
<ローズS>◇18日=阪神◇G2◇芝2000メートル◇3歳牝◇出走15頭◇秋華賞トライアル(3着まで優先出走権)

 武豊騎手(36=フリー)が騎乗したオークス2着のエアメサイア(栗東・伊藤雄)が秋華賞につながる力強い勝ち方を見せた。早め先頭から押し切りを図るG1・2勝馬のラインクラフトを半馬身とらえ2分0秒1で快勝。重賞初制覇を果たし、G1制覇へ弾みをつけた。

 残る標的は1頭だけだった。直線に向き、集団から抜け出したエアメサイアは武豊のゴーサインを受けるとグイグイ加速。最大で5馬身はあったラインクラフトとの差がみるみる縮まった。武豊が「これなら行ける」と手応えをつかんだのがラスト150メートル。そこからさらに猛烈な伸びを見せ、ゴールまであと5メートル残したところで春のG1・2勝馬をとらえた。秋華賞に弾みをつける快勝劇だ。「追ってからの反応が良かったし、向こうは止まりかかっていたからね。なんとか行けると思った。それにしても今日は本当に出来が良かった。オークスの時よりいいと思ったぐらいだから」。デビュー戦からずっと手綱を取ってきた馬の重賞初Vに、天才ジョッキーの顔がほころんだ。

 勝敗を分けたのはレース運びの巧拙だ。道中折り合いを欠き、首を上げながら走っていたラインクラフト。対するエアメサイアは馬群の中でジッと我慢できた。「もともとレースで思い通りに走ってくれる馬。今日も折り合いがついた」(武豊)。前半しっかりスタミナを温存できたことがゴール前での脚色の差となった。

 ただ、秋華賞本番のコースは直線が短く、平たんでスピード馬に有利といわれる。「だから今日(ラインクラフトに)負けていたら次はなかった。本番は京都の内回りだからね」。ローズSを勝っても気持ちはあくまで挑戦者。武豊は勝って兜(かぶと)の緒を締めていた。



 今、このブログは何位でしょう?
 宜しくお願いします。


 このブログを是非、あなたのお気に入りに追加して下さい(3秒で完了します!)



続きを読む
スポンサーサイト

大物トレイル復活V!/セントライト記念

 nikkansports.comより

 
<セントライト記念>◇18日=中山◇G2◇芝2200メートル◇3歳◇出走15頭◇菊花賞トライアル(3着まで優先出走権)

 待ってろ、ディープインパクト! キングストレイル(牡、藤沢和)が首差で重賞初制覇を果たし、常勝・藤沢和雄軍団が2冠馬に挑戦状をたたきつけた。3着には同厩舎のピサノパテック(牡)が入り、2頭出しで見事に菊花賞の権利をつかんだ。1番人気で外国産馬のフサイチアウステル(牡、栗東・池江泰寿)は2着だった。

 北村宏騎手(25)は全力でキングストレイルの首を押した。右2馬身ほど前にはフサイチアウステルの安藤騎手が左ムチを乱打していた。ゴール100メートル手前。ようやく尾が届く位置まできた。「もう少し、もう少し…届け!」。488キロの馬体が最後の力を振り絞って四肢を伸ばしたところがゴールだった。首差の激闘を制した先に、菊花賞への切符があった。

 北村は直線310メートル、ほぼ追い通しだった。「本当によく頑張ってくれた」。顔を真っ赤にしながら、開口一番に愛馬に対するねぎらいの言葉をかけた。それでも、不安はあった。4コーナー手前で手応えが怪しくなり、手を動かし始めていた。中団のインから外に持ち出すところでトップガンジョー、マルブツライトに挟まれ一瞬詰まる場面もあった。それでも、一瞬のすきを突いて首をねじ込んだ。「苦しいのか、あそこで手が動き出した時はどうなったかと思った。でも、外に出してからまた盛り返して根性を見せてくれた」。土、日メーンを所属厩舎の馬で制した北村の顔には大仕事をやってのけた満足感があふれていた。

 約10カ月の休養明け。遅れてきた大物の復活だ。父はサンデーサイレンス、母は藤沢和厩舎に所属し5勝を挙げたサンタフェトレイル。おばにはシンコウラブリイ、ハッピーパスなども顔をそろえる厩舎ゆかりの血統だ。トレーナーの期待も大きい。しかし、スプリングSを目指している途中で、左前脚のトウ骨を骨折し春シーズンを棒に振った。「肝心な時に休んでしまった。でも、(今日のレースは)完ぺきでしたね」。折り合って初の2200メートルという長丁場を克服した愛馬を褒めた。

 「菊花賞? そうだね、前向きということで」。けむに巻く言い方は師の得意技。ピサノパテックもしっかり3着に入った。常勝軍団チーム藤沢が遅まきながらインパクト包囲網をかけ始めた。



 今、このブログは何位でしょう?
 宜しくお願いします。


 このブログを是非、あなたのお気に入りに追加して下さい(3秒で完了します!)



続きを読む

ローズS【上位6馬】

 ローズS(別名 巨人の問題児)G1 2勝馬も出ている今年のローズS。

 でも、トライアルだからねえ、狙いは本番だろうし、どれくらい力を余すのかも考えながらの予想になりそうです。

 オークス2着馬も4着馬いるしここは本番さながらのメンバー。

 おもしろいレースになることを期待してます。


 今、このブログは何位でしょう?
 宜しくお願いします。

 このブログを是非、あなたのお気に入りに追加して下さい(3秒で完了します!)



続きを読む

セントライト記念【上位6馬】

 しかし、セントライト記念って本当に本番と結びつきにくいレースだと思う。

 去年はホオキパが2着、本番も2着。バルクが1着で本番4着と例年に比べたら上位馬が本番で活躍してくれたのだが・・・

 来週の神戸新聞杯にあれが出るから、もっといいメンバーそろうと思ったんだけどなあ・・・

 なんて愚痴ってもしょうがない。セントライト記念の指数順位はこちらです。


 今、このブログは何位でしょう?
 宜しくお願いします。

 このブログを是非、あなたのお気に入りに追加して下さい(3秒で完了します!)



続きを読む

ローズSの登録馬上位3頭

 今週行われるローズSの登録馬ベスト3をお知らせします。

 でも、このレース、意外と本番に結びついていないなあと思っているのは僕だけでしょうか・・・

 あまり、勝つのはよくないのだろうか?


 今、このブログは何位でしょう?
 宜しくお願いします。



 このブログを是非、あなたのお気に入りに追加して下さい(3秒で完了します!)



続きを読む

セントライト記念の登録馬上位3頭

 まあ、気になるかどうかはわかりませんが、セントライト記念の登録馬ベスト3を出走確定前にお知らせします。

 もちろん、登録段階ですので、出走回避もありえますから、ここだけ見て

 「やっぱ、外れたな・・・」

 と早合点しないでください(本当にw)


 今、このブログは何位でしょう?
 宜しくお願いします。



 このブログを是非、あなたのお気に入りに追加して下さい(3秒で完了します!)



続きを読む

遅ぇよ、紫苑ステークスを振り返る

 本当なら、これは、金曜日段階で載せておかなければならないんでしょうが、今、紫苑ステークスの指数順位を後悔、いやいや、公開させていただきます。

 なんか、後味悪いし、G1につながるかも知んないし・・・


 今、このブログは何位でしょう?
 宜しくお願いします。



 このブログを是非、あなたのお気に入りに追加して下さい(3秒で完了します!)


続きを読む

キャスト連覇!G1獲り挑む/セントウルS

 nikkansports.comより

 
<セントウルS>◇11日=阪神◇G3◇芝1200メートル◇3歳上◇出走11頭

 単勝5番人気のゴールデンキャスト(牡5、栗東・橋口)が、2番手から抜け出し、セントウルSの2連覇を達成した。あん上の小牧太騎手(38)はうれしい今年重賞初勝利で、このコンビは次走スプリンターズSで念願のG1どりに挑む。管理する橋口師にとって同レース3連覇を含む4度目の勝利となった。

 レース前のパドックだった。乗り方や展開など思案を巡らす小牧に、橋口師がそっとささやいた。「無理せず、流れに乗る競馬をすればいいから」。この一言で迷いがスーっと消えた。馬の力を信じてレースを進めることだけに集中できた。

 好スタートを切ると無理なく2番手につける。絶好の手応えに4角では後ろを振り返る余裕もあった。逃げ粘るホーマンテキーラを首差とらえてゴールした。「重賞で惜しいレースが続いていたので、やっと勝ててうれしい」。今年重賞初勝利の小牧から笑みがこぼれた。先週の小倉2歳Sは鼻差の2着。前日の朝日CCも首+鼻差の3着だった。難産の末に勝ち取った重賞制覇だった。

 前走の小倉日経オープンでは好位から理想的に進んだが、直線で伸びず4着に敗れた。自身が騎乗した追い切りで、坂路で1番時計を出していたこともあり「オーバーワークで僕のミスだったかも」と思い詰めるほどだった。だが、レース中に落鉄していたことが判明。敗因が分かり、小牧らしい思い切った騎乗も戻った。

 この後はスプリンターズS(芝1200メートル、10月2日=中山)でG1どりに挑む。「G1を勝つために、この世界(中央競馬)に入ってきた。ぜひとりたい」と語気を強めた。キャストにとってもG1は3度挑みながら手が届いていない。夢をかけ、小牧とキャストのコンビが勇躍東上する。



 今、このブログは何位でしょう?
 宜しくお願いします。



 このブログを是非、あなたのお気に入りに追加して下さい(3秒で完了します!)


続きを読む

モルゲン連覇!路線変更G1挑戦/京成杯AH

 nikkansports.comより

 
<京成杯オータムH>◇11日=中山◇G3◇芝1600メートル◇3歳上◇出走13頭

 マイネルモルゲン(牡5、堀井)が逃げ粘るニシノシタンをゴール前で頭差とらえ、連覇を達成した。土日メーンを制した柴田善臣騎手(39)は故障休養から復帰後、初の重賞制覇。次走はダート戦が予定されていたが、マイル重賞3勝目を挙げたことでマイルCS(G1、芝1600メートル、11月20日=京都)が視野に入ってきた。関西ではゴールデンキャストが連覇。史上初の東西同日の重賞連覇となった。

 レース30分前、中山競馬場の上空を雷雲が覆い、空が破れたような豪雨がターフに降り注いだ。芝は良馬場からやや重に悪化。波乱を予感させたが、結局勝ったのはディフェンディング王者のマイネルモルゲンだった。

 柴田善の手綱がさえた。掛かり癖のある相棒をうまく落ち着かせ、道中5番手でぴたりと折り合った。前にアイルラヴァゲインを見る最高の位置取りで4コーナーを回り、1番人気の伸びが鈍いと判断すると逃げるニシノシタンに目標を切り替えた。外から猛然と襲い掛かり、頭だけ出たところがゴール。後藤が乗って早め先頭から押し切った昨年とは違う勝ち方を演じて見せた。「掛かることだけは避けたかった。こういう競馬ができればいいねえ」とジョッキーは精神面の成長を喜んだ。以前は意識的にスタートを遅らせて折り合いを覚えさせたこともあった。苦労させられた馬だから、自然に笑みがこぼれた。

 土曜の紫苑S(コスモマーベラス)に続いてメーンを制覇。今週6勝を稼ぎ、昨年リーディング騎手のエンジンが滑らかに回転してきた。6月の東京で頚椎(けいつい)の痛みを訴えて危機に瀕したが、福島をパスして治療に専念。我慢を重ねた1カ月が古傷を癒やし、復帰した新潟から徐々にピッチを上げていった。「当初はここからスタートの予定だったからね。でも福島を休んで良かった。時間が解決してくれて、すごく楽になった。今は大丈夫」。慢性のしびれもなく、好調の波に乗って本領発揮の秋を迎えた。

 手綱を託した堀井師も「善臣が手の内に入れてくれている」と感謝する。次走はダートの武蔵野Sが予定されていたが、この日の快勝劇で路線変更が検討される。「(ダートには)行きづらいよね。もう1回G1を狙ってもいい」とトレーナー。息の合ったコンビでマイルCSのリベンジへ向かう。



 今、このブログは何位でしょう?
 宜しくお願いします。



 このブログを是非、あなたのお気に入りに追加して下さい(3秒で完了します!)


続きを読む

ワンモアチャッター、クビ差凌いで重賞初制覇

 nikkansports.comより

 
<朝日チャレンジC>◇10日=阪神◇G3◇芝2000メートル◇3歳上◇出走14頭

 直線4頭の激しいたたき合いは、馬群を割った福永祐一騎手(28)のワンモアチャッター(牡5、栗東・友道)が首差で制した。見事1番人気に応えての、重賞初制覇。管理する友道康夫師(42)も開業3年目での初タイトルとなった。この後は10月30日東京の天皇賞・秋(G1、芝2000メートル)でG1制覇を目指す。

 ハンデ戦のような激しいバトルだった。外からマクリ気味にボーンキングが先頭に立つと、その内からワンモアチャッターが並びかける。さらに大外からツルマルヨカニセ、馬群を割ってエリモハリアーが強襲。1着から4着まで首+鼻+首の大接戦を制したのは単勝1番人気のワンモアチャッターだった。「今日はいつもよりテンションが高くて、最近では一番行きたがっていた。でも、なんとか我慢できたし直線もうまくさばいてこれた。勝てて良かった」。秋競馬開幕初日の重賞制覇に福永は笑顔を見せた。

 格上挑戦だった前走の小倉記念で2着に好走。この馬の能力を確信した友道師は、この秋の目標を天皇賞に置いた。だが、重賞勝ちのない馬が大舞台に立てる保証はない。それだけにここは勝っておきたかった。「ホッとしたよ。この後はぶっつけで天皇賞へ行きたい」。師にとっては開業3年目での重賞初Vということ以上に、意味のある勝利だった。

 福永は「この馬はまだ伸びしろがある」と言う。盾戦線の台風の目となる可能性を秘めた馬だ。



 今、このブログは何位でしょう?
 宜しくお願いします。



 このブログを是非、あなたのお気に入りに追加して下さい(3秒で完了します!)


続きを読む

セントウルS【上位6頭】

 G1スプリンターズSの前哨戦。

 去年の、上位馬も出ているこのレース。さて、いったいどうなるんでしょうかね

 セントウルSの指数順位はこちらです

 今、このブログは何位でしょう?
 宜しくお願いします。



 このブログを是非、あなたのお気に入りに追加して下さい(3秒で完了します!)
続きを読む

京成杯AH【上位6頭】

 南海です。

 山里としずちゃんではなく難解です。

 かいてて寒くなってくるので、指数順位です。

 京成杯AHの指数順位はこちらです

 今、このブログは何位でしょう?
 宜しくお願いします。



 このブログを是非、あなたのお気に入りに追加して下さい(3秒で完了します!)
続きを読む

朝日チャレンジC【上位6馬】

 今週から、中山、阪神の秋開催がスタートです。

 普通なら、一流馬が帰ってきて、うきうきする季節なんでしょうが、データで予想している身としては、休み明けの馬ほど扱いにくいものはありません。

 休みの間の成長力なんて、走ってみなければわかんないし・・・

 ここ2,3週間は様子を見ながらの競馬になるでしょう・・・

 みなさんの馬券の参考になれば幸いです。

 今、このブログは何位でしょう?
 宜しくお願いします。



 このブログを是非、あなたのお気に入りに追加して下さい(3秒で完了します!)
続きを読む

2005/9/3 新潟・特別レース 結果

 今週から、能力指数で、特別レースを振り返ってみたいと思います。

 なんだよ、後付けじゃねえかと思われることを考慮して。


 “買っとけばよかったあ”とあとでいじけてもらってかまいませんw
 
 今、このブログは何位でしょう?
 宜しくお願いします。

 このブログを是非、あなたのお気に入りに追加して下さい(3秒で完了します!)
続きを読む

2005/9/3 小倉・特別レース 上位馬

 今週の小倉特別レース、土曜の4レースの指数上位馬を挙げておきます。

 みなさんの馬券の参考になれば幸いです。

 今、このブログは何位でしょう?
 宜しくお願いします。

 このブログを是非、あなたのお気に入りに追加して下さい(3秒で完了します!)
続きを読む

2005/9/3 新潟・特別レース 上位馬

 今週の新潟特別レース、4レースの指数上位馬を挙げておきます。

 みなさんの馬券の参考になれば幸いです。

 今、このブログは何位でしょう?
 宜しくお願いします。

 このブログを是非、あなたのお気に入りに追加して下さい(3秒で完了します!)
続きを読む
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。