スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

馬法の方程式、多点買いバージョンの方法と、デメリット

 今まで、このブログで紹介してきた資金マネージメントは、どれもこれも1点買い専用のマネージメントでした。

 しかし、馬券の買い方は1点買いだけではないです。

 当てるということに関しては、1点買いよりも、2点買い、3点買いの方が確率が高いのは事実。効率から言えば1点買いの方がいいのだが、馬券はなかなか当たらないものです。

 今、このブログは何位でしょう?

 今週は、多点買い用マネージメントについて

 1点買いがどうしても、性に合わない。また、自分が使っている方法が多点買いという方のための、多点買い専用資金マネージメントも存在します。
 
 以下の方法で計算すれば、どれか1点が的中した時点で、今までの損失金を回収することが出来ます。馬法の方程式応用編とも言うべき方程式です。その式は以下のとおり。

 各買い目の当資金=(損失金+x)×1.3÷(オッズ?オッズ順位)

 これだけでは、わかりにくいと思うので、例を出して説明します。


 例 損失金 5000円 対象馬券のオッズ 5倍、8倍、10倍とする。

 ? 5倍の買い目の投資金
 5000×1.3÷(5?3)≒3300円

 ? 8倍の買い目の投資金
 (5000+3300)×1.3÷(8?2)≒1800円

 ? 10倍の買い目の投資金
(5000+3300+1800)×1.3÷(10?1)≒1500円


 これまでの、損失金と投資金の合計は、11600円。的中した場合の払戻金は以下のとおり。

 ? 3300×5=16500円
 ? 1800×8=14400円
 ? 1500×10=15000円


 と、すべて、今までの損失金を回収でき、利益を上げることが出来ます。

 オッズ順位に関しては、1番オッズが高い馬券を1位。オッズが最も低い馬券を最下位に置けばいいです。

 しかし、この式には、大きなデメリットがあります。

 それは「購入点数が1位のオッズ値を超えてはいけない」ということ

 例を出すとこういう場合。

 損失金 5000円 オッズ 2.9倍 7.2倍 10.3倍

 つまり、3点買いで、1位のオッズが2.9<3となるのでこの方程式が組めなくなります。

 また(1位オッズ?購入点数)<1となるようだと、ものすごく資金が高くなってしまいます。

 そんな、弱点を解消した式を明日以降紹介していきますのでお楽しみに。

 
 今回の記事が参考になったなあという方はクリックお願いします。

 このブログ、けっこういいかな、と思った方は
 人気blogランキングへ
 
 1日1クリックしていただいたら、編集人がよろこんで、重要な情報を書くことがあると思いますw

 また、トラックバック・コメントはいつでも歓迎します。
スポンサーサイト

コメントの投稿


秘密にする
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。