スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

ワンモアチャッター、クビ差凌いで重賞初制覇

 nikkansports.comより

 
<朝日チャレンジC>◇10日=阪神◇G3◇芝2000メートル◇3歳上◇出走14頭

 直線4頭の激しいたたき合いは、馬群を割った福永祐一騎手(28)のワンモアチャッター(牡5、栗東・友道)が首差で制した。見事1番人気に応えての、重賞初制覇。管理する友道康夫師(42)も開業3年目での初タイトルとなった。この後は10月30日東京の天皇賞・秋(G1、芝2000メートル)でG1制覇を目指す。

 ハンデ戦のような激しいバトルだった。外からマクリ気味にボーンキングが先頭に立つと、その内からワンモアチャッターが並びかける。さらに大外からツルマルヨカニセ、馬群を割ってエリモハリアーが強襲。1着から4着まで首+鼻+首の大接戦を制したのは単勝1番人気のワンモアチャッターだった。「今日はいつもよりテンションが高くて、最近では一番行きたがっていた。でも、なんとか我慢できたし直線もうまくさばいてこれた。勝てて良かった」。秋競馬開幕初日の重賞制覇に福永は笑顔を見せた。

 格上挑戦だった前走の小倉記念で2着に好走。この馬の能力を確信した友道師は、この秋の目標を天皇賞に置いた。だが、重賞勝ちのない馬が大舞台に立てる保証はない。それだけにここは勝っておきたかった。「ホッとしたよ。この後はぶっつけで天皇賞へ行きたい」。師にとっては開業3年目での重賞初Vということ以上に、意味のある勝利だった。

 福永は「この馬はまだ伸びしろがある」と言う。盾戦線の台風の目となる可能性を秘めた馬だ。



 今、このブログは何位でしょう?
 宜しくお願いします。



 このブログを是非、あなたのお気に入りに追加して下さい(3秒で完了します!)



 今日くらいは調子に乗ってもいいでしょう。

 久々に1着?3着独占しましたので。

着順 馬番 馬名 騎手 指数順位
1 6 ワンモアチャッター 福永祐一 指数3位
2 3 エリモハリアー 後藤浩輝 指数2位
3 8 ツルマルヨカニセ 小牧太 指数1位

単勝
6 340円
複勝
6 140円
3 310円
8 150円
枠連
3-4 2,000円
馬連
3-6 1,880円
ワイド
3-6 730円
6-8 280円
3-8 770円
馬単
6-3 2,990円
3連複
3-6-8 2,200円
3連単
6-3-8 12,770円



 今回の記事が参考になったなあという方はクリックお願いします。

 このブログ、けっこういいかな、と思った方は
 人気blogランキングへ
 
 1日1クリックしていただいたら、編集人がよろこんで、重要な情報を書くことがあると思いますw

 また、トラックバック・コメントはいつでも歓迎します。
スポンサーサイト

コメントの投稿


秘密にする
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。