スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

キャスト連覇!G1獲り挑む/セントウルS

 nikkansports.comより

 
<セントウルS>◇11日=阪神◇G3◇芝1200メートル◇3歳上◇出走11頭

 単勝5番人気のゴールデンキャスト(牡5、栗東・橋口)が、2番手から抜け出し、セントウルSの2連覇を達成した。あん上の小牧太騎手(38)はうれしい今年重賞初勝利で、このコンビは次走スプリンターズSで念願のG1どりに挑む。管理する橋口師にとって同レース3連覇を含む4度目の勝利となった。

 レース前のパドックだった。乗り方や展開など思案を巡らす小牧に、橋口師がそっとささやいた。「無理せず、流れに乗る競馬をすればいいから」。この一言で迷いがスーっと消えた。馬の力を信じてレースを進めることだけに集中できた。

 好スタートを切ると無理なく2番手につける。絶好の手応えに4角では後ろを振り返る余裕もあった。逃げ粘るホーマンテキーラを首差とらえてゴールした。「重賞で惜しいレースが続いていたので、やっと勝ててうれしい」。今年重賞初勝利の小牧から笑みがこぼれた。先週の小倉2歳Sは鼻差の2着。前日の朝日CCも首+鼻差の3着だった。難産の末に勝ち取った重賞制覇だった。

 前走の小倉日経オープンでは好位から理想的に進んだが、直線で伸びず4着に敗れた。自身が騎乗した追い切りで、坂路で1番時計を出していたこともあり「オーバーワークで僕のミスだったかも」と思い詰めるほどだった。だが、レース中に落鉄していたことが判明。敗因が分かり、小牧らしい思い切った騎乗も戻った。

 この後はスプリンターズS(芝1200メートル、10月2日=中山)でG1どりに挑む。「G1を勝つために、この世界(中央競馬)に入ってきた。ぜひとりたい」と語気を強めた。キャストにとってもG1は3度挑みながら手が届いていない。夢をかけ、小牧とキャストのコンビが勇躍東上する。



 今、このブログは何位でしょう?
 宜しくお願いします。



 このブログを是非、あなたのお気に入りに追加して下さい(3秒で完了します!)



 気持ちいいですねえ、何が気持ちいいかって言うと、単オッズ1倍台の馬を蹴っ飛ばして、本命にした馬が勝ったときくらい気持ちいいですねえw

 いや、なにも指数1位ってこともあったんですが、どうも、去年の傾向と換わっていない節があったので自身の本命でした。

 単・複買いで気持ちいいレースでした。


1 5 ゴールデンキャスト 牡5 小牧太 指数1位
2 3 ホーマンテキーラ 牡3 武豊 指数5位
3 2 マルカキセキ 牡4 福永祐一 指数3位


単勝 5 1130 円 5番人気
複勝 2 110 円 1番人気 3 140 円 2番人気 5 190 円 5番人気
枠連 3-5 1950 円 8番人気
馬連 3-5 1970 円 8番人気
ワイド 2-3 190 円 1番人気 2-5 310 円 4番人気  3-5 500 円 8番人気
馬単 5-3 4600 円 19番人気
3連複 2-3-5 920 円 3番人気
3連単 5-3-2 10300 円 31番人気
スポンサーサイト

コメントの投稿


秘密にする
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。