スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

メサイア初重賞V!一気強襲/ローズS

 nikkansports.comより

 
<ローズS>◇18日=阪神◇G2◇芝2000メートル◇3歳牝◇出走15頭◇秋華賞トライアル(3着まで優先出走権)

 武豊騎手(36=フリー)が騎乗したオークス2着のエアメサイア(栗東・伊藤雄)が秋華賞につながる力強い勝ち方を見せた。早め先頭から押し切りを図るG1・2勝馬のラインクラフトを半馬身とらえ2分0秒1で快勝。重賞初制覇を果たし、G1制覇へ弾みをつけた。

 残る標的は1頭だけだった。直線に向き、集団から抜け出したエアメサイアは武豊のゴーサインを受けるとグイグイ加速。最大で5馬身はあったラインクラフトとの差がみるみる縮まった。武豊が「これなら行ける」と手応えをつかんだのがラスト150メートル。そこからさらに猛烈な伸びを見せ、ゴールまであと5メートル残したところで春のG1・2勝馬をとらえた。秋華賞に弾みをつける快勝劇だ。「追ってからの反応が良かったし、向こうは止まりかかっていたからね。なんとか行けると思った。それにしても今日は本当に出来が良かった。オークスの時よりいいと思ったぐらいだから」。デビュー戦からずっと手綱を取ってきた馬の重賞初Vに、天才ジョッキーの顔がほころんだ。

 勝敗を分けたのはレース運びの巧拙だ。道中折り合いを欠き、首を上げながら走っていたラインクラフト。対するエアメサイアは馬群の中でジッと我慢できた。「もともとレースで思い通りに走ってくれる馬。今日も折り合いがついた」(武豊)。前半しっかりスタミナを温存できたことがゴール前での脚色の差となった。

 ただ、秋華賞本番のコースは直線が短く、平たんでスピード馬に有利といわれる。「だから今日(ラインクラフトに)負けていたら次はなかった。本番は京都の内回りだからね」。ローズSを勝っても気持ちはあくまで挑戦者。武豊は勝って兜(かぶと)の緒を締めていた。



 今、このブログは何位でしょう?
 宜しくお願いします。


 このブログを是非、あなたのお気に入りに追加して下さい(3秒で完了します!)




 ここは、本当に堅かったですね。一応、エア?ラインのワイドを買おうかと思っていたのですが140円の配当を見てやめましたw

 んで、ライラプスの単・複(大好きだからと配当効率を考えて)を買って、4000円のプラスになりました。

 まあ、本番では買わないでしょうが・・・

 
第4回阪神 3日目 11R  第23回 関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)
着順 枠番 馬番 馬名 性・齢 騎手名 指数順位
01 5 09 エアメサイア 牝3 武豊 指数2位 
02 6 10 ラインクラフト 牝3 福永祐一 指数1位
03 7 12 ライラプス 牝3 松永幹夫 指数4位


払戻金

単勝 09  240円  2番人気 

複勝 09  110円  1番人気 10  120円  2番人気 12  350円  5番人気 

枠連 5-6  200円  1番人気 

馬連 09-10  230円  1番人気 

ワイド 09-10  140円  1番人気 09-12  670円  6番人気 10-12  730円  7番人気 

馬単 09-10  500円  2番人気 

3連複 09-10-12  1250円  3番人気 

3連単 09-10-12  3510円  6番人気
 
スポンサーサイト

コメントの投稿


秘密にする
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。